中国アンチダンピング

アクリル酸エステル (1999年12月10日立件)

被調査産品名 日本語 アクリル酸エステル
中国語 丙烯酸酯
英語 Acrylate Esters
立件日 1999年12月10日
調査対象国・地域 日本、ドイツ、アメリカ
調査対象期間 ダンピング調査 1999年1月1日~1999年12月31日
損害調査 1996、1997、1998及び1999年
仮決定 発布日 2000年11月23日
ダンピングマージン 日本企業:31~60%、ドイツ企業:71~74%、アメリカ企業:24~69%
最終決定 発布日 2001年6月9日
ダンピングマージン 日本企業:31~60%、ドイツ企業:25~74%(ただし総輸入量に占める比率が「無視することができるもの」であり調査終了)、アメリカ企業:31~69%
その他 本産品については、同一の中国企業の申請を受け、異なる対象国(韓国、マレーシア、シンガポール、インドネシア)に対して2001年10月10日にもAD調査が立件され、2003年4月10日に最終決定が出されている。
措置終了 5年のアンチダンピング税賦課期間が満了し、2005年11月23日からアンチダンピング措置は終了となった。
当チーム代理実績 ダンピング論 0 社
損害論 0 社

キーワード検索

コンテンツ

  • 新着情報一覧
  • セミナー
  • 中国法令
  • 中国アンチダンピング
  • その他

バナー

バナー