中国アンチダンピング

カテコール (2005年5月31日立件)

被調査産品名 日本語 カテコール
中国語 邻苯二酚
英語 Catechol
立件日 2005年5月31日
調査対象国・地域 アメリカ、日本
調査対象期間 ダンピング調査 2004年1月1日~2004年12月31日
損害調査 2001年1月1日~2004年12月31日
仮決定 発布日 2005年12月2日
ダンピングマージン アメリカ企業:6~46.81%、日本企業:42.86%
最終決定 発布日 2006年5月22日
ダンピングマージン アメリカ企業:4~46.81%、日本企業:42.86%
その他 本産品については、同一の中国企業の申請を受け、異なる対象地域(EU)に対して2002年3月1日にもAD調査が立件され、2003年8月27日に最終決定が出されている。
レビュー

*2008年7月29日に、国内産業代表からの申請により、アメリカ原産の産品に対する期中レビュー調査が立件された。

*2009年7月27日に、アメリカ原産の産品に対する期中レビュー調査の決定が下され、Rhodia Inc.についてのみ、AD税率が4%から9.7%へと引き上げられた。

*2011年5月21日に、国内産業代表からの申請により、サンセットレビュー調査が立件された。

*2012年5月21日にサンセットレビュー調査の決定が下され、AD措置が5年間継続されることになった。

措置終了 アンチダンピング税賦課期間が満了し、2017年5月21日からアンチダンピング措置は終了となった。
当チーム代理実績 ダンピング論 0 社
損害論 0 社

キーワード検索

コンテンツ

  • 新着情報一覧
  • セミナー
  • 中国法令
  • 中国アンチダンピング
  • その他

バナー

バナー