中国アンチダンピング

ブタノール (2005年10月14日立件)

被調査産品名 日本語 ブタノール
中国語 丁醇
英語 Butanol
立件日 2005年10月14日
調査対象国・地域 ロシア、アメリカ、南アフリカ、マレーシア、EU、日本
調査対象期間 ダンピング調査 2004年4月1日~2005年3月31日
損害調査 2001年1月1日~2005年3月31日
仮決定 発布日 2007年3月2日
ダンピングマージン ロシア企業:4.9~24.1%、アメリカ企業:24.1%、南アフリカ企業:16.1~24.1%、マレーシア企業:6.5~24.1%、日本企業:5.7~24.1%、EU企業:24.1%
調査終了 仮決定において、「一定程度のダンピングは存在するものの、調査対象産品の輸入により国内産業に実質的な損害はもたらされていない」と認定され、調査が終了した。
当チーム代理実績 ダンピング論 1 社
損害論 1 社

キーワード検索

コンテンツ

  • 新着情報一覧
  • セミナー
  • 中国法令
  • 中国アンチダンピング
  • その他

バナー

バナー