中国アンチダンピング

無水フタル酸 (2002年3月6日立件)

被調査産品名 日本語 無水フタル酸
中国語 邻苯二甲酸酐
英語 Phthalic Anhydride
立件日 2002年3月6日
調査対象国・地域 日本、韓国、インド
調査対象期間 ダンピング調査 2001年1月1日~2001年12月31日
損害調査 1998年1月1日~2001年12月31日
仮決定 発布日 2003年1月7日
ダンピングマージン 日本企業:66%、韓国企業:14~33%、インド企業:33%
調査終了 アンチダンピング税賦課期間が満了し、2014年8月31日からアンチダンピング措置は終了となった。
最終決定 発布日 2003年8月31日
ダンピングマージン 日本企業:66%、韓国企業:0~13%、インド企業:13%
レビュー *2008年8月29日に国内産業からの申請により、サンセットレビュー調査が立件された。 *2009年8月30日に、サンセットレビュー調査の決定が下され、AD措置が5年間継続されることになった。
当チーム代理実績 ダンピング論 0 社
損害論 0 社

キーワード検索

コンテンツ

  • 新着情報一覧
  • セミナー
  • 中国法令
  • 中国アンチダンピング
  • その他

バナー

バナー